里音の庭 (さとねのにわ)

里音の庭 (さとねのにわ)2016.05.27


 

里庭『桂花』の〈里音(さとね)の庭〉では、冬の間葉を落としていた樹木が

4月上旬には気温の上昇とともに次々と新芽を出し始めます。

2月の下旬に冬眠から覚めて鳴き始めたウグイスも、この頃にはすっかり艶やかな声で

早朝から夕方まで鳴いています。

大きな枝ぶりのトキワマンサク、グミ、ジューンベリーの花が次々と咲き始めます。

スイセンの花が終わる頃、ギボウシ、シラン、ナルコユリ、都忘れ、

シロヤマブキが咲いてきます。

蔵café前のシンボルツリーの桂の木もハート型の葉が連なるように開きます。






 

次々と地面や幹から新芽を出し、日に日に成長している様子を見ていると、

自然とやる気が湧いてきます。

1年で最もワクワクした気分になる季節です。

ページトップへ